ハイジーナ脱毛

ハイジニーナ脱毛と医療機関

近年では光脱毛の普及により、美容外科やクリニックなどの医療機関ではなくても脱毛サロンでハイジニーナ脱毛を受けることも可能になりました。
しかし非常にデリケートな大切な部分であるからこそ脱毛サロンよりも医療機関で施術を受けることの方が良いでしょう。

 

その理由は、医療機関と脱毛サロンでの取り扱い脱毛器具の差、そしてその後のアフターケアの差にあります。簡潔な説明になりますが、医療機関で取り扱われている脱毛器具は医療用レーザー脱毛といって高出力なものになり、医師免許取得者にのみ許可された器具です。一方、脱毛サロンで取り扱われている器具は光脱毛といって医療用レーザー脱毛よりも出力が低く、資格取得者でなくても取り扱うことが可能なものなんです。
そのためサロンでの施術は低出力な安心感もありますが、体毛を育成する毛母細胞を破壊するのに時間を要し施術の実施回数も多くなります。しかし医療機関での受術は医師の下にあるため、まず第一に安全性も高く、高出力な分実施回数も少なくなります。
価格設定において、医療機関の方が高額だと感じがちですが、得られる実施反応によっては医療機関の方がずっと安価で効果の高いものとなり得るんです。

 

そして医療機関をオススメするのにはその効果の高さだけではない理由があるんです。どんな施術をうけるにせよ1番怠っては欲しくない“アフターケア”の差についてなんです。
トラブルを防ぐための事前資料に指導やそれにまつわる配慮はもちろんのことですが、最悪にトラブルという事態を招いてしまった時にでも、その対処方やお薬の処方などをきちんと行ってくれるのはやはり医療機関です。

 

脱毛の効果や反作用には各々の個人差が生じます。それは当然なことで人それぞれ肌質や毛質によって違いがあるからです。
例えば、異常な色素沈着を起こしたり過剰な炎症を起こしたりと起こるトラブルもテキスト通りの一つではないため、医療機関として何事にも対処対応してくれる医療機関での施術をオススメするんです。既存の毛を無くしてしまうことでそれまで何とも無かったお肌が、下着との摩擦により痛みを感じてしまうかもしれません。もっと酷い場合は炎症を起こして赤くただれてしまうかもしれません。
そんな時のためにと考えると、医療機関での施術は万が一の時の対応も医療機関としてきちんとしてくれますし、なにより医師がついているという安心感もあります。

 

お話しを総合して、医療機関でのハイジニーナ脱毛の方が有効といえる空気感になってしまいましたが、大切なデリケートゾーンだからこそ深く考えていきたいところです。極端に敏感肌の人や痛みに弱い人は、低出力での光脱毛の施術が向いているかもしれません。
そういった“自分に合ったサロン”を見つける手段の一つとして“カウンセリング”やインターネット上での“前情報の取得”もありますので、有効活用しましょう☆

 

そして少々余談ではありますが...大切な事として...
永久脱毛をすれば、ほぼ永久的にその施術を行った箇所の毛は生えて来なくなります。ハイジニーナ脱毛においては、ワキや脚の脱毛よりも考えなくてはいけない部分になるかと思います。
二度と生えて来なくなる事を前提に、何処まで無くして良いのか、どう残したいのかなどの自分の希望も踏まえて、一般例などのお話しも聞きながらしっかりと相談できるサロンで受術して頂きたく思います!( ? ?ω?? )?